服飾専門学生におすすめ!日本の服飾や和裁が学べる美術館・博物館

服飾専門学生におすすめ!日本の服飾や和裁が学べる美術館・博物館
「学校で勉強しているけど授業ばかりだと疲れてしまう」と感じている服飾専門学生は多いでしょう。そんなときは気分転換にファッションをテーマにした美術館や博物館に行きましょう。西洋衣装や日本衣装の実物などを実際に見ることができるので、授業では学べない新しい発見があるはずです。

学校での勉強に疲れたときや創作に行き詰まりを感じたときは、ファッションをテーマした美術館や博物館に行きましょう。この記事では、服飾専門学校の学生なら一度は訪れていくべき施設を紹介します。

ファッションをテーマにした美術館や博物館に行こう

学校で座学の授業ばかりを受けていると、単調な毎日に疲れてしまう人はいるでしょう。学校の授業にうまく集中できないときは、気分転換にファッションをテーマにした美術館や博物館に行ってみましょう。
西洋衣装、日本衣装、民族衣装などの実物やさまざまなテキスタイルを実際に見ることができるので、とてもいい勉強になります。また日本の服飾や和裁の歴史や文化も学ぶことができるので、授業で学んだことの理解がより深まることも多くおすすめです。

服飾専門学生におすすめの美術館・博物館

ファッションの関係の展示が常設されている美術館を紹介します。服飾専門学校に通っている学生なら一度は行っておきましょう。

・文化学園服飾博物館

東京の新宿にある服飾専門の博物館で、ファッションの総合教育機関である学校法人文化学園を母体とする施設です。この施設では、文化学園が1923年の創設当初から収集した衣服や染織品などの展示を行っています。常設展の他に年4回所蔵品を中心にした企画展を行っているので、何度行っても楽しめます。

・神戸ファッション美術館

ファッションをテーマにした日本初の美術館として1997年に兵庫の神戸に開館しました。歴史衣装や民族衣装の実物の展示やテキスタイルなどを見ながらファッションの基本を学べる展示が魅力で学生にもとても人気があります。また定期的にテーマを決めて行っている特別展示は、魅力的なテーマが多いのでおすすめです。気になるテーマがあれば行ってみましょう。

・杉野学園衣装博物館

1957年に設立した日本初のファッション博物館で、杉野学園の付属施設として開館しました。西洋衣装を中心に展示している常設展と毎年新しいテーマで行われる企画展があり、西洋衣装に興味のある人にはとてもおすすめです。

たまには外に出て違う視点で学ぶことも大切

学校の授業ばかり受けていると疲れてしまったり、創作に行き詰りを感じてしまったりすることがあります。そんなときは気分転換に美術館や博物館に行きましょう。それらの施設では、衣装の実物やテキスタイルを実際に見ることで、教科書では学べない知識や発見がたくさんあります。
常設展の他に定期的にテーマの変わる特別展示なども行っているので、何度行っても新しい感覚で楽しむことができます。座学だけが勉強ではないので、たまには外に出て違う視点からファッションについて学びましょう。

関連する記事