テキスタイルデザイナーってどんな職業?仕事内容とテキスタイルデザイナーになる方法

テキスタイルデザイナーってどんな職業?仕事内容とテキスタイルデザイナーになる方法
ファッション業界には欠かせないテキスタイルデザイナーですが、実際どんな仕事をしている職業なのか知らない人は多いでしょう。そこで人気の職業であるテキスタイルデザイナーの仕事内容と年収についてお教えします。

ファッション業界に興味のある人なら、一度は耳にしたことがあるテキスタイルデザイナー。しかしどんな仕事をしているか知らない人が多いでしょう。そこでテキスタイルデザイナーがしている仕事内容や年収についてまとめました。

テキスタイルデザイナーの仕事内容

テキスタイルデザイナーとは、生地の素材選びや生地の図柄や色をデザインする職業です。制作するアイテムのデザインや用途を考えた上で、生地の糸を選び、糸の染め方や折り方を決めていくというとても大切な役割を持っています。東京の大手企業などに入社した場合は、新しい糸や繊維などの素材の開発に携わることもあります。

テキスタイルデザイナーの年収

年収は企業によって異なりますが平均300~500万円とファッション業界の中では少し低めです。また高度な専門知識と経験が求められるため、現場経験が長くスキルが高い人ほど年収が高い傾向にあります。もっと収入を上げたいと思うなら、現場で経験を積み、テキスタイルデザイナーとして成熟することが大切です。

テキスタイルデザイナーになる方法

テキスタイルデザイナーになるためには、生地や織物の専門的な知識や技術が必要であるため、服飾専門学校でそれらの基礎知識を学ぶ必要があります。学校に通い専門的な知識や技術を修得した後は、アパレルメーカーの素材部分や繊維メーカーに就職し、現場で経験を積んだ後、テキスタイルデザイナーとしてデビューします。

テキスタイルデザイナーは日々学び続ける姿勢が大切

テキスタイルデザイナーはトレンドに沿った図柄のデザインや素材の選定をする仕事であるため、ファッションアイテムやインテリアアイテムを制作するためには欠かせない職業です。しかしファッション業界で活躍するためには、高度な専門知識と現場での経験が必要であるため、日々勉強し続ける姿勢が大切です。
将来テキスタイルデザイナーになりたいと思っている人は、現状に満足せず学び続ける気持ちを持って服飾専門学校に通いましょう。そうすれば就職後、必ず現場で活躍できるはずです。

関連する記事