服飾専門学校を卒業した後はどんな仕事に就くの?服飾専門学生の進路とは

服飾専門学校を卒業した後はどんな仕事に就くの?服飾専門学生の進路とは
服飾専門学校を卒業した後はファッション業界に就職する人が多いですが、ファッション業界にはどんな職業があるのか知らない人も多いでしょう。この記事では服飾専門学生の卒業後の進路について紹介します。

ファッションに興味のある人は服飾専門学校への入学を考えている人は多いですが、将来のことを何も考えず入学してしまうと、後から後悔してしまうことがあります。入学する前に服飾専門学生の進路についてしっかり確認しておきましょう。

服飾専門学校に入学する前に将来の職業について考えよう

洋服やオシャレが好きという理由では服飾専門学校へ入学しようと考えている人は多いですが、服飾専門学校を卒業した後、どんな職業に就くのか知らないという人もいるでしょう。服飾専門学校ではファッションを中心とした学習するため、ほとんどの学生は卒業後ファッション業界に就職します。
ファッション業界にはさまざまな職業があり、職業によって仕事内容は全く違います。まず服飾専門学校に入学する前に、ファッション業界で将来自分が働きたい職業があるのか考えてみましょう。

ファッション業界の職業

ファッション業界の職業を紹介します。さまざまな職業があるので、興味のある職業があるか見てみましょう。

・デザイナー

ファッションアイテムのデザインする職業で、ファッション業界の中でも花形と言えるポジションです。東京などの大手ブランドになると、ニット、カットソー、小物などアイテムごとにデザイナーが分けられることもあります。

・パタンナー

洋服の型紙を作る職業です。デザイナーのデザイン画を元に型紙を作るため、腕の良いパタンナーになるとデザイナーよりも重宝されることがあります。

・マーチャンダイザー

商品の仕入れ計画、商品開発の計画、予算管理、数量管理など商品に関する業務を担う職業です。アパレル会社の予算や利益に直結する仕事であるため、とても重要なポジションとされています。

・プレス

ファッション業界の広報を行う職業です。自社の製品をマスコミに発表し、取り上げてもらう仕事で、主にファッション雑誌の広告やタイアップ企画をまとめる仕事が多めです。

・営業

百貨店、量販店、専門店などの得意先を回り、商品の営業活動を行う職業です。商品の注文、納品、在庫確認をするとともに、売れ筋商品の情報収集をする仕事です。

・生産管理

商品の受注を受けた後の生産計画を立て、工場へ商品の材料を手配し、商品の数量や納期などを管理する職業です。

将来就きたい職業を考えてから学校を選ぼう

服飾専門学校は将来ファッション業界の職業に就くために専門的な知識や技術を修得する場所です。そのため将来のことを考えずファッションに興味があるからという理由だけで入学してしまうと、後から後悔することになりかねません。
まずはファッション業界にはどんな仕事があるか見てみましょう。その中で「この仕事してみたい!」という職業があれば問題ありませんが、興味のある職業がない場合は自分が将来どんな職業に就きたいか考えてから学校を選びましょう。

関連する記事