鉄道模型(Nゲージ・HOゲージ)の買取価格

もっと詳しくわけると他にもありますが、大きくわけるとNゲージとHOゲージにわけることができます。簡単に言えば縮尺の違いになりますが、日本では圧倒的にNゲージの人気が高く、鉄道模型の買取も盛んに行われている一方、HOゲージは影が薄い存在でもあります。だからこそふたつの買取価格に注目をするべきです。

どちらも取り扱っているお店が好ましい

鉄道模型買取
海外では緻密に再現されて、ジオラマのスケールが大きくなるHOが人気になっていることもありますが、日本では圧倒的にNゲージがシェアされていることから、売却も盛んにおこなわれている傾向があります。

Nゲージは線路幅が9ミリ、HOゲージは16.5ミリになっていることからその大きさは歴然としています。よってお店としては扱いやすいのも人気の特徴です。しかしHOを中心として集めていた人が、売却を希望できないわけではありません。双方のゲージを取り扱っているお店を選ぶことが好ましいです。

お店によってはHOゲージに強いところも

Nゲージよりも、HOゲージに強いお店もあります。再現率が高いのがHOであり、一部のコアなファンのなかにはNよりもHOを求める人もいますので、そのような方はそれに該当するお店を見つけることをおすすめします。

しかしなかなかそんなお店を見つけるのも苦労するでしょう。ホビー製品の買取に力を入れているリサイクルショップが増えていますが、鉄道模型について知識がないと査定額が極端に落ち込むこともあります。だからこそ専門店を選ぶ必要性があります。

お店の特徴をネットで観察をする

近所にそんなお店がないと落胆する必要はありません。ネットで探せば良いです。お世辞にも幅広い趣味として知られているのは鉄道模型ではないことから、専門に扱っているお店は全国各地の方も利用しやすいように、宅配や出張サービスで製品の買取を行っています。

そんなお店の特徴として見ておくべき点があります。買取価格を提示しているお店は良心的と言えるでしょう。利用者にしてみればわかりやすい基準になります。ただ自分が所有している模型の価格が提示されていないこともあるでしょう。そんなときは問い合わせをすることで事前に把握することも可能です。

HOゲージは価格が高めになることが多い

鉄道模型
一般的にNゲージの方が日本では出回っていることから、取引が活発に行われていることが多いです。しかしコアなファンが多い、そして緻密に再現をしている模型が多い特徴を持っているのはHOになることから、価格が高めになることも。

だからこそ専門に扱っているお店を選ぶ価値があります。そのようなお店だからこそ、正当に査定を行ってくれます。

買取で行うべきことは良心的なお店を探すこと

正当な評価をしてくれるお店に売る希望をすることが、正当な価格で売却することに繋がります。だからこそ良心的なお店を探すようにしてください。積極的に価格をネットで公表しているようなお店は信頼することができます。また詳しく高値で売るための秘訣も明かしてくれるお店は良心的と言えるでしょう。

計画を立てて鉄道模型の売却をしよう

どこでも売れば良いわけではないのが、鉄道模型の買取です。計画を立てて行う必要がありますので、近くにお店がないのであれば、ネットで検索をして、宅配や出張サービスを使って売却をすることをおすすめします。売れるところに売るようなことはやめてください。それだけで損をするきっかけとなります。

■参照:鉄道模型の買取査定