洋服作りに必要な材料は服飾専門学生の聖地「日暮里」に買いに行こう!繊維街で評判のお店4選

洋服作りに必要な材料は服飾専門学生の聖地「日暮里」に買いに行こう!繊維街で評判のお店4選
日暮里は服飾専門学生の聖地とも呼ばれており、洋裁に使用する生地が格安価格で購入できる人気のスポットです。そんな日暮里で評判のお店を紹介します。どこに入ろうか迷ったときは参考にしてください。

洋服作りに必要な材料を集めるなら日暮里がおすすめです。日暮里にある繊維街には数十店舗ものお店が軒を連ねており、さまざまな生地や手芸材料が販売されています。この記事では、繊維街で評判のお店を紹介します。

服飾専門学生の聖地「日暮里」

日暮里の写真
東京にある日暮里は生地の街と言われ、服飾専門学生からは聖地として崇められている場所です。繊維街には生地や手芸材料などを販売するお店が約60店舗集まっています。豊富な取り揃えと値段の安さが人気で服飾専門学生はもちろんですが、洋服メーカーの行や手芸が趣味の主婦など、さまざまな人が訪れています。最近では海外の観光客が和柄の生地を購入するために訪れることも多く、毎日さまざまな人で賑わう人気のスポットとなっています。

日暮里繊維街で評判のお店5選

ミシンで裁縫しているイラスト
日暮里で特に評判のお店を紹介します。どのお店に入ろうか悩んでいる場合は参考にしてください。

・長戸商店

長戸商店は豊富な品揃えと値段の安さで人気を集めるお店です。メーカーからの余り生地を多く販売しているので、洋服作りが好きな人には特におすすめです。人気のお店ですが混み合うことは少ないので、比較的ゆっくり商品をみることができます。

・トマト 本店

日暮里で数店舗営業している大型ショップで、その中でも本店は手芸用の生地が豊富に取り揃えている店舗です。他の店舗では取り扱わないような珍しい商品がたくさんあるので、「人とは被らない個性的な生地が欲しい!」という人にはぴったりのお店です。

・トマト セレクト店

セレクト店は洋服作り用の生地を中心に集めている店舗です。特に綿のプリント物が多いので、子供用の服や小物を作ろうと考えている人におすすめです。可愛いプリント生地がたくさんあるので1つに絞ることが出来ずたくさん買い込んでしまう人が多いようです。

・エレガンス

日暮里では珍しい高級生地の専門店です。海外ブランドの生地を多く扱っており、グッチやアルマーニなどから流通された貴重な商品がところ狭しと店内に並べられています。ドレスやフォーマルな洋服を作るときにはぴったりのお店ですが、日暮里にある店舗の価格とは桁が1つ違うので、エレガンスで買い物しようと考えているときは普段よりもお財布を厚くして行くようにしましょう。

・パキラ

ウールやポリエステルの生地の取り揃えが多いことで知られるショップで、薄手、厚手、リバーシブルなど幅広く扱っています。レースや光り物も多いので、舞台衣装を作るときにもとてもおすすめです。また日暮里で唯一のリバティプリントを取り扱っている店舗としても有名です。繊維街の入り口にあるので一度寄ってみるといいでしょう。

繊維街に行くときはあらかじめ行く店舗を決めておこう

積まれた生地
日暮里には生地屋や手芸材料店がたくさんあり、店舗によって扱っている生地や手芸材料が異なります。繊維街にあるすべての店舗を見て選びたいと思う人は多いですが、1日で周り切るのは難しいので、あらかじめ入りたいところを絞っておきましょう。
この記事で紹介した店舗は生地の取り揃えが豊富なところばかりなので、この5店舗を見るだけで1日を費やす人もいるほどです。もし紹介した店舗にまだ行ったことがないという場合は、一度行ってみしょう。一度行けば気に入ること間違いなしです。

参考=東京にある服飾専門学校
http://mfac.ac.jp/